ぱんくん

f0169199_17183894.jpg

最近のぱんくんです。
# by shri-yoga | 2015-03-21 17:18 | 猫のこと | Comments(0)

瞑想の成果。

今日も子どもを怒った。
怒ると??るは違うというが
感情のままに私の都合に合わせて子どもを怒っていることが多い。

しかも実はその言葉は子どもの後ろにいる夫にも向けられている。

「休みだからってダラダラしない!」
「テレビばっかり見ない!」
「食べたら食器は下げなさい!」

夫は私の意図に気付いているのかどうか分からないが、
いま私は気付いた。
子ども達がかわいそうだ。

------------------------------------------------------

これはトレーニングコースでやってる生徒さんのある日の実践日記。
(ご本人に了承を得て掲載しています)

ヨガの練習は段階がありますが
実践はいろんなところに機会があります。
そのキッカケを聖典は与えてくれます。

ヨガの聖典を開いてみませんか??
はじめての方にも気兼ねなく始めるヒントをお伝えします。
f0169199_20584818.jpg

聖典ヨーガ・スートラから学ぶ 心に対する理解を深めよう
      ~理想の自分になるために~


よかったら是非、おいでください。
# by shri-yoga | 2014-10-24 20:49 | ヨガのこと | Comments(2)

私の一期一会

f0169199_19283014.jpg
我が家では毎朝、
お義母さんが朝ご飯を用意してくれます。

私は毎朝お野菜をたっぷり頂くので
お義母さんはいつもいろんなお野菜を準備してくれます。

中でも、トマトは毎回湯むきしてくれます。
そんな愛情つまった想いも一緒に頂く朝ご飯は本当に有難い。

ある日、
私はそのトマトが入ったタッパーをバランスの悪いところへ置いた。
そのタッパーは床へ落ち、トマトもブロッコリーも床へ落ちてしまった。

私はすかさず拾って洗おうとしたが、主人が
「捨てなさい」と言った。

私は「なんで?洗ったら食べられるよ!」
と言い返しました。

主人は
「ここで洗って食べたら、同じ失敗を繰り返すよ」
と言いました。


そう、「取り返しがつく」という想いは
心を癒すかもしれないが、意識の進化を妨げる。

私は泣きながら、
トマトさんとブロッコリーさんとお義母さんに謝りながら
ゴミ箱へ捨てたのでした。

数日経ったある日、
私はおでんが入った大きな鍋を片手に、買い物袋も持とうとしていたら
すぐさまトマトとブロッコリーとお義母さんの顔が浮かんだ。

ハッとして荷物を置いて、お鍋を大事に抱えた。

一期一会は
苦い思いをした瞬間にも言えると思う。

今まで苦いことは忘れようとしてきたけれど
苦い経験から得るものは覚えている必要があると私は思う。

最近は特に苦い経験の価値を痛感しています。

「苦しみ」がないわけではないけれど、
「ストレス」ってものはないのかも。
# by shri-yoga | 2014-10-24 19:19 | つぶやき | Comments(0)

記憶に刻まれるもの

f0169199_1029278.jpg
ミュージカル「レディ・ベス」を観に博多座へ。
f0169199_10304919.jpg
f0169199_1052995.jpg
今日の主演はハナちゃんこと
花總まりさん。

わかったような事書いてますが
ミュージカルは超初心者(笑)

私が感じた魅力の一つに
俳優さんが演じる役に
「なりきる」ところ。

自我を手放したヒトの姿は
もはや何かに動かされてるかのよう。

芸術とは
共同作業だと私は思う。

また生オーケストラと
俳優さんたちの歌声との「一体感」にも
全身鳥肌が立ちっぱなしでした。

この作品は
エリザベス1世のお話なんだけど
自分の幸せと、国を治める責任との狭間で
心が揺れ動くという物語。
まるでバガヴァッド・ギータ(笑)

他者の幸せを願う気持ちが
めぐりめぐって自分に届く。

偶然のようにおきたこの日の感動は
何か選択に迷った時、
今後私の背中を大きく押してくれるものになると思う。

経験や記憶は次なる行動に影響するからこそ
一つ一つの経験をしっかりと吟味したい。

改めてそう思った、素敵な一夜でした。

新たな世界へ誘い、
いつも気持ちを共有してくれる
大切な友人にも感謝します。
# by shri-yoga | 2014-08-24 08:37 | 芸術・歴史・その他 | Comments(0)

必然的な出来事。

先日、
私が人生で始めて買ったヨガ本を手に取ると(佐保田鶴治先生著の本)
1枚の写真がひらりと落ちました。
f0169199_1242919.jpg
2002年の写真。

たまたま生徒さんのお一人が
いいカメラを買ったとの事で
撮って頂いたものでした。

鏡越しに写った私の写真。

なんとなく
振り返る次期なのかもなぁと思いました。

今年でスタジオ・ヨギーは10周年。
ヨギーと共に歩んできたこの10年。

今一度、初心に帰ろう。

そう思わせられた
偶然のような
必然な出来事でした。
# by shri-yoga | 2014-08-12 21:44 | つぶやき | Comments(0)