カテゴリ:いろいろなこと( 18 )

記憶に刻まれるもの

f0169199_1029278.jpg
ミュージカル「レディ・ベス」を観に博多座へ。
f0169199_10304919.jpg
f0169199_1052995.jpg
今日の主演はハナちゃんこと
花總まりさん。

わかったような事書いてますが
ミュージカルは超初心者(笑)

私が感じた魅力の一つに
俳優さんが演じる役に
「なりきる」ところ。

自我を手放したヒトの姿は
もはや何かに動かされてるかのよう。

芸術とは
共同作業だと私は思う。

また生オーケストラと
俳優さんたちの歌声との「一体感」にも
全身鳥肌が立ちっぱなしでした。

この作品は
エリザベス1世のお話なんだけど
自分の幸せと、国を治める責任との狭間で
心が揺れ動くという物語。
まるでバガヴァッド・ギータ(笑)

他者の幸せを願う気持ちが
めぐりめぐって自分に届く。

偶然のようにおきたこの日の感動は
何か選択に迷った時、
今後私の背中を大きく押してくれるものになると思う。

経験や記憶は次なる行動に影響するからこそ
一つ一つの経験をしっかりと吟味したい。

改めてそう思った、素敵な一夜でした。

新たな世界へ誘い、
いつも気持ちを共有してくれる
大切な友人にも感謝します。
by shri-yoga | 2014-08-24 08:37 | 芸術・歴史・その他 | Comments(0)

大津絵に出会う

大津に行った際、
せっかくだから一度は足を運んでみたいと向かった先は大津絵美術館。
f0169199_20524730.jpg

「大津絵」は「浮世絵」とともに江戸時代の日本を代表する二大民画で、
江戸時代、人々の往来で賑わった東海道の宿場町、大津で生まれました。
鬼の念仏、藤娘、鷹匠、座頭、槍持奴などがあり
それぞれの画題に応じて護符としての意味も持ちます。

ユーモアと親しみ深さを感じる作品の数々。
f0169199_1941869.jpg

好きですねー、この感じ(笑)
ついでにこちらは「外法と大黒の梯子剃」の図。
「長命を保ち百事如意」という意味。

早く・安く買えるようにと工夫された「大津絵」は
東海道を行き交う旅人の土産物だったそうです。

日持ちがよく、軽くてリーズナブル、
護符としての価値もあった大津絵は
大衆から愛された、江戸時代の究極のお土産だったとのこと。

私も旅先で
いろんなお土産を買います。
またお土産を頂くこともあります。

お福分けの気持ち。
おかげさまの気持ち。

お土産に対する思いは
皆違うかもしれないけど
義理を感じさせない純粋な贈り物は
やっぱり嬉しいものです。

旅先で私のことまで思い出してくれたんかー!ってね。

最近友人にもらったお土産。
f0169199_19411111.jpg

これ、チューインガムです(笑)
もったいなくて食べれないです。

最近、旅も多くて
次何買おうか迷ってましたが
大事なのはやはりハート❤だな!

大津絵と出会い、
改めてお土産について振り返ったアヤコなのでした(笑)
f0169199_19411045.jpg

大津絵美術館にて。
by shri-yoga | 2013-09-19 11:40 | 芸術・歴史・その他 | Comments(0)

小野神社

結婚してから苗字が「小野」に変わり
新鮮さを感じながらも
なぜか懐かしくもある
不思議なご縁。

琵琶湖の次は
滋賀県大津市小野にある
小野一族の祖といわれる
「小野神社」に参ってきました。

f0169199_1220265.jpg

推古天皇の代に小野妹子が先祖を祭って創建したと伝えられています。

小野神社の中に入り、ひときわ目をひいたのは
f0169199_1220278.jpg

神社の両脇に鎮座する…モチ(笑)
ユーモアというのか存在感たっぷり。
これは「鏡餅灯籠」と言うそうです。

これはご祭神である米餅搗大使主命が、
応神天皇の頃に日本で初めて餅つきをした「餅作りの始祖」であり、
菓子作りの神様として広く信仰を集めているからということのようです。

小野神社を始め、
小野篁神社、小野道風神社、小野妹子神社にも参らせてもらいました。
f0169199_12202961.jpg

f0169199_12203044.jpg

小野篁は漢詩・和歌の才人。
小野道風は書道の神とされています。
f0169199_12202854.jpg

小野族は
餅を作ったり
歌を詠んだり
書を描いたり
芸術に富んだ一族だったようです(笑)

小野神社の入ってすぐのところに
蜘蛛の巣を見つけました。
f0169199_12203062.jpg

なんとも魅力的な巣。
さらに近くに寄ってみると
f0169199_12203115.jpg

それはまるで銀河系のようで
さらに細かい糸はDNAの形をしていて螺旋を描いていました。

銀河系のように私たちは全体の一部分。
仮に先祖の存在が不明であっても
こうして私まで繋がってきた命。
そして元は一つであるということ。

神秘な世界をより身近に感じた時間となりました。
by shri-yoga | 2013-09-07 00:21 | 芸術・歴史・その他 | Comments(0)

亀から猿へ

先日、人生初の歌舞伎を観に
博多座へ行って参りました。

市川亀治郎改め、
四代目市川猿之助襲名披露
スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』
f0169199_14515221.jpg


とてもユニークで大胆な演出ばかり。
物語の展開も早く
言葉も現代風でとてもわかりやすく
完全にひきこまれました。

休憩を含めた4時間半…
あっと言う間でした。

温故知新という視点が好きな私としては
歌舞伎というあらたに興味惹かれるものに出会えたことも嬉しい。

人を惹きつける人間力

人を感動させる人間力

まだまだ道の途中。
これからが楽しみ。
by shri-yoga | 2013-06-24 14:52 | 芸術・歴史・その他 | Comments(0)

円空仏を訪ねて

f0169199_21232430.jpg

名古屋から乗り換え飛騨へ向かう
ワイドビューひだ号からの車窓。

電車の旅の醍醐味です。

現在、東京国立博物館で
『飛騨の円空-千光寺とその周辺の足跡』

が開催されているようで

3年ほど前
円空仏を見に飛騨の千光寺を訪れたことを思い出しました。

木に宿る精霊たちが浮き彫りになったというか
荒削りと言ったら失礼だけど
シンプルかつユーモアがあって
ほんわか優しさが伝わる作品など様々です。

以下の写真は
下呂にある合掌村でお逢いした円空仏。
f0169199_21232672.jpg


f0169199_21232549.jpg


みんなお顔が優しくて
なんだかあったかい気持ちになるのです♥

ちなみに円空展は4月7日(日)までです!
HPはこちら・・・『飛騨の円空-千光寺とその周辺の足跡』
私的には大変おススメなので、お近くの方は是非!!
by shri-yoga | 2013-03-04 21:41 | 芸術・歴史・その他 | Comments(0)

日日の愉しさ

それは、いつもに増して感じたのでした。

恋をして
その恋が叶った時のような・・・
何もかもが美しく見える、そんな感覚。

ただ、愉しい。

台所からトントンという音で目が覚めた朝

おひさまのにおいがするお布団

お風呂上りのふかふかタオルが頬を包み込む

よーく頑張った後の生ビール一口目

パンニャ(我が家の猫)の黒目がおっきくなる瞬間

日日の愉しさ。

YA-NE-SEN a Go Go
f0169199_14104939.jpg
この動画には共感するわくわくがしっかりと表現されていてとてもすきだ!



by shri-yoga | 2012-11-21 05:04 | いろいろなこと | Comments(0)

アフリカの物達と

先日、アクロス福岡にて行われた

「アフリカの物達と」へ行ってきました。

f0169199_14394765.jpg


ヨウちゃんのお父様のパフォーマンス。
ヨウちゃんのお姉さまのお花の演出。

福岡書芸院facebookをご覧頂くと、
その臨場感溢れる空間をご覧頂けます。

ちなみに「いいね!」をおススメしています:)

こんなご家族に囲まれて
ヨウちゃんは大きく育ちました。

f0169199_14564383.jpg

2M近くあるジョーダン先生を掌に乗せちゃうくらいね(笑)

ぷぷぷ~。
by shri-yoga | 2012-09-13 14:57 | 芸術・歴史・その他 | Comments(0)

さくらえ展

さくらえ展に行きました。

f0169199_22184998.jpg


f0169199_22193083.jpg


f0169199_22193418.jpg


今年の桜と
みんなの発表と共に

自分を表現するってことについて
いろいろ考えられた

素敵な時間になりましたとさ。

ありがとう☆
by shri-yoga | 2012-04-13 22:23 | 芸術・歴史・その他 | Comments(0)

お宝発掘。

f0169199_14374052.jpg

大川市にある
マンガ倉庫に行ったら
お宝発掘!!

ジェリー・ガルシアのぬいぐるみ。

フォースTシャツ着せてみた。

かわいい(笑)
by shri-yoga | 2012-03-22 14:37 | 芸術・歴史・その他 | Comments(0)

岡本太郎。

f0169199_1831158.jpg

岡本太郎に逢ってきました。

やはり彼の世界観は素敵です。

私も私のスタイルで!

そんな気持ちになりました。
by shri-yoga | 2011-11-20 18:31 | 芸術・歴史・その他 | Comments(0)